デザイン・写真・芸術・工芸系

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

建築デザイナーになるには

建物や公園などをデザインするクリエーター

建築デザイナーは、住宅やオフィスビルなどの建築物を、造形美・デザイン性という観点から、デザイン・設計する職業です。仕事の多くは、住宅メーカーや住宅販売店からの依頼で、注文住宅や建売住宅のデザインを行います。注文住宅の場合は、家の購入希望者の要望に応えるため、建て方や間取りなど、購入希望者や販売店関係者との打ち合わせを重ねることが重要です。建売住宅の依頼を受ける場合は、販売会社の意向に沿って形にしていきます。 デザインの実務は基本的にコンピューターグラフィックスを使用する場合が多く、最近では「3DCG(3次元)」、建築分野や機械部品の設計に活用される設計・製図装置「CAD」での表現力も問われます。建築系の専門学校で基礎的な知識や技術を身につけましょう。 CG関連の資格や、実務経験を重ねて取得する一級建築士、二級建築士などの資格は、依頼主の信頼を高めるだけでなく、将来独立するためのステップになります。