デザイン・写真・芸術・工芸系

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

小説家になるには

読者を非日常の世界に誘う、物語創作者

さまざまなテーマについて文章を駆使し、読者を非日常の世界に誘い込むのが小説家です。小説家には、自由な構想力と、人物の言動や環境の描写などで読者を引き付ける文章力が求められます。小説のジャンルは多岐にわたります。純文学小説、推理小説、SF小説など、挙げればきりがないほどです。小説家の仕事は、何をどう書くかテーマを決めることからスタートします。小説家に必要なのは、下手に身につけた教養よりも、観察力と構成力だという人もいます。教養という自己主張を他人に押しつけるより、自分の知識や見解を一度突き放してみることです。重要なポイントは、分かりやすいテーマで、文の書き出しと最後をじっくりと考え、頻繁に使われる言葉はなるべく避けること。そして、エピソードを効果的に挿入すれば具体性が生まれ、説得力が増します。そんな技術をマスターするには、まず書くことです。著名な小説家の中には、文芸雑誌などが募集するコンクールに出品して認められ、その道に進んだ人もいます。 新人賞を受賞すると、出版社から2作目の依頼が来ます。2作目が読者に認められたとき、単行本の出版が実現することが多いようです。単行本の出版により、新聞や週刊誌などから依頼が来るようになり、一人前の小説家として認められるでしょう。