コンピュータ・ゲーム系

コンピュータ・ゲーム系の職業

ゲームクリエイターになるには

新たなゲームを作りあげる

コンピュータゲームなどのゲームソフトを制作するスタッフには、ゲームプロデューサー、ゲームの監督・演出を行うゲームディレクター、ゲームデザイナー、ゲームシナリオライター、ゲームプランナー、音響効果クリエイターなどがいます。これらの人材を管理し、ゲーム制作の統括的なリーダーとなるのがゲームクリエイターであり、一般的にゲームプロデューサーまたはゲームディレクターが、その役割を担う場合が多いです。 ゲームクリエイターは、ゲームソフトの企画から完成までのゲーム制作に関わる全ての過程に携わるため、プログラムのことからゲーム中に使用する音楽までの幅広い知識が必要とされます。また、スタッフをリードし、かつ持てる能力を引き出す手腕が問われることもあるでしょう。ユーザーに喜ばれるゲームを創作する中心的存在であり、大変である反面、やりがいのある仕事でもあります。 プランニング、プログラミング、 デザイン、作曲など多くの分野がありますが、これらの知識を専門学校などで学び、全般的な能力を身につけると同時に、自分の得意分野を持っておくとよいでしょう。 卒業後はゲーム制作会社に就職するのが一般的です。そして、その後ゲームの企画部門で経験を積んで、ゲームクリエイターとなれるよう、必要な能力を身につけていきましょう。