コンピュータ・ゲーム系

コンピュータ・ゲーム系の職業

ゲームプログラマになるには

ゲームの企画をカタチにする仕事

コンピュータゲームやゲームセンターなどのゲームソフトをつくるためには、ゲームづくりに必要なコンピュータ言語とコンピュータ操作に熟知した人材が求められます。それがゲームプログラマです。ゲーム制作に携わる多くのゲームクリエイターが創作した素材をコンピュータに組み込み、高度で専門的なプログラミング技術でゲームを仕上げるのが仕事です。仕様書にもとづいて、ゲーム全体の流れを制御し、グラフィックスとサウンドなどをコントローラーの操作にあわせて動くように設定したり、まさにゲーム制作のかなめといえます。ゲームのキャラクターを生き生きとスムーズに動かす等々、ゲームの質や完成度を高めるのはゲームプログラマの技量次第とさえいわれるほど重要な業務です。 ゲームプログラマになるためには、専門学校などでコンピュータの基本から3Dグラフィックス、ゲームサウンドデザイン、ユーザーの心をとらえるクリエイティブセンスといったゲーム全般について幅広く学習し、習得しておくとよいでしょう。また、自分でつくった作品をコンペに出展したり、たくさんの人に見てもらうことで、技術力と表現力に磨きをかけていきましょう。 卒業後は、ゲーム制作会社のゲームプログラミングを担当する部署などで活躍が期待されます。専門学校などで学んだことを基礎に、実務を経験することで実績を積んでいきましょう。