コンピュータ・ゲーム系

コンピュータ・ゲーム系の職業

システムエンジニア(SE)になるには

ソフト開発を手がける業界の中核的存在

コンピュータのプログラムやシステムをつくる専門家です。実際にはシステムの開発だけでなく、システムの提案からハードウェアの選択や組み合わせまで、広い範囲での活躍が求められます。コンピュータネットワークやオンライン化にも携わるほか、パソコンやゲーム機のプログラムも開発するなど、システムエンジニアは「業界の中心的存在」ともいえるでしょう。具体的には、基本的な枠組みが決まったシステム機能をもとに、プログラムの設計と仕様書を作成。プログラマーにプログラム言語のコード化を依頼し、その後何度もテストを重ねて問題点を解決していきます。 これらの知識・技術を独学で習得するのはとても難しいので、コンピュータ系の専門学校などで知識・技術を身につけておきましょう。そこで、学習した基礎的知識を土台に、発展的な知識・技術を身につけて、まずはプログラマーを目指しましょう。 卒業後は、コンピュータソフト制作会社やコンピュータ関連企業、企業のシステム部門などに就職します。 関連資格には、ソフトウェア開発技術者試験、基本情報技術者試験、アプリケーションエンジニアなどがあります。 高度な知識と技術が求められるため、プログラマーとして経験を積んでからシステムエンジニアになるのが一般的です。