コンピュータ・ゲーム系

コンピュータ・ゲーム系の職業

CGクリエイターになるには

2次元・3次元CG映像づくりのプロ

マルチメディアディレクターの指示のもとで、2次元や3次元のCG(コンピュータグラフィックス)映像づくりを担当するのがCGクリエイターです。コンピュータの機能を最大限にまで発揮させ、CGソフトウェアの表現力を引き出し、現実では見ることのできないミクロの世界や宇宙の姿、透視画なども、リアルに描き出します。実力次第ではCGアーティストとして独立し、自分が思い描く作品を創作し、世界に向けて発表することも可能です。様々な芸術に触れて美的感覚や感性を磨いて、自分自身の体験や感動をもとに創造性を発揮し、映像化してこそ、本物のCGクリエイターといえるでしょう。 CGクリエイターにはCGに関する知識、コンピュータに関する知識が要求されます。また、芸術的センスも重要です。芸術的センスを養うには、人のつくったCGを見たり、多くの芸術的作品や芸術活動に触れましょう。専門学校などに進学して、知識の修得や基本的芸術理論の修得、芸術的センスの向上、コンピュータ操作の技術修得を図るといいでしょう。そして何よりも、CGに対する興味を持ちつづけることが大切です。 実務を経験し、実績を積んでいくことがCGクリエイターとして活躍しつづける大きな鍵となります。まずはCG制作関連会社に就職するなどして、CGクリエイターとしての腕を磨いていきましょう。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より