コンピュータ・ゲーム系

コンピュータ・ゲーム系の職業

CGプログラマになるには

CG制作に必要なソフトをプログラミングする

CGプログラマは、3Dの動画などを実際に動かすために必要なソフトウェアを作成する仕事です。CGはコンピュータで様々なバーチャルリアリティ(仮想現実)を創造し、多くの分野の専門家とスタッフで制作されます。CG制作会社では、普通の会社と同じようにCGクリエイター、CGアニメーターなど役割分担をして、それぞれの部門の人達が共同でひとつの作品を作っていきます。CGプログラマもその中のひとつで、CG制作に必要なソフトウェアをプログラミングし、開発します。たとえばアニメーションを作成する場合、CG作成ソフトを使うだけでは困難な部分もあります。このような場合、CGプログラマがプログラミングして、この問題を解決します。そのほかにも、画像ファイルのフォーマットなどを変換するためのツールの開発もCGプログラマが行います。 CGプログラマには、CGに関する知識、コンピュータに関する知識、さらに絵を描く力も要求されます。専門学校などに進学して、知識の習得、コンピュータ操作の技術習得を図るといいでしょう。そして何よりも、CGに対する興味を持ちつづけることが重要です。 卒業後は、CG制作関連会社などに就職して、CGプログラマとしての腕を磨いていきましょう。多くの実務を経験し実績を積んでいくことが、CGプログラマとして活躍しつづけるための秘訣です。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より