健康・スポーツ系

健康・スポーツ系の職業

スポーツトレーナーになるには

アスリートから信頼されるプロに

アスリートが常にベストコンディションでゲームに挑めるよう科学的なトレーニングメニューを作成・指導するのがスポーツトレーナーです。主にプロスポーツチームや実業団のスポーツチーム、あるいはスポーツクラブなどに所属して仕事をします。チーム所属トレーナーの場合、重要な仕事に選手のケガの予防があります。また、ケガをしてしまった場合の適切な応急処置技術も欠かせません。そのため、あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師などの資格をもっていると大変プラスになります。ケガはアスリートにとって選手生命を左右することもあります。ケガをさせないトレーナーには、選手から大きな信頼が寄せられます。 民間のスポーツクラブなどでは、メンバー個人個人の年齢や性別、身体能力などを考慮し、安全かつ的確な運動メニューを作成しての指導や、健康的な身体づくりについてアドバイスなどを行います。 スポーツトレーナーには、資格や免許などは特にありません。大学の体育学部やスポーツ系の専門学校出身の人、各種スポーツでアスリートとして活動していた人などが中心です。また、かつて学生時代にスポーツ選手で活躍し、ケガなどの理由で競技を続けることができなくなった人が、アスリートをサポートする立場としてスポーツトレーナーを目指すケースも増えています。