医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

理学療法士になるには

運動を主体とした治療でリハビリをサポート

病院やリハビリテーションセンターなどで、身体や精神に障害を持つ患者に医療器具や訓練器具などを使用して、機能の回復を図り、社会復帰できるようにする療法を理学療法といいます。この療法で、器具を使って筋肉をつけるほか、マッサージなどで機能回復を行う運動療法や、電気・温熱・光線・運動・マッサージなど物理的な働きを利用する物理療法を行うのが理学療法士です。理学療法士は、英語でPhysical Therapist(フィジカル・セラピスト)といい、その頭文字をとって「PT」とも呼ばれています。 理学療法士は、医師からの依頼により脳卒中後遺症や中枢性疾患、整形疾患、脳性マヒ、内部疾患など、小児から高齢者まで幅広い患者に対して療法を行います。障害の状態を検査し、その結果をもとに理学療法のプログラムを作成します。療法や訓練は運動を主体としたもので、病後や障害による機能回復や、日常生活に必要とされる動作などの維持や改善を図るサポートをします。理学療法のほかに義手や義足、車椅子などの装具に関する訓練も行います。 理学療法士になるには、国家試験に合格し、免許を取得する必要があります。受験資格は、高校卒業後、国が指定する専門学校や大学・短大などの理学療法士養成施設で3年以上、必要な知識や技能を修得することで得られます。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より