医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

作業療法士になるには

作業療法を通して機能回復をサポート

事故や病気などにより身体や精神に障害を持つ人、生まれつき機能障害を持つ人に、医師の指示のもとで病後や障害の機能回復、日常生活動作の維持や改善を図るのが作業療法士です。作業療法士は、英語でOccupational Therapist(オキュペイショナル・セラピスト)といい、その頭文字をとって「OT」と呼ばれています。 勤務先は病院やリハビリテーションセンター、特別養護老人ホーム、精神神経科病院、肢体不自由児施設などです。 作業療法士の具体的な仕事は、木工や手芸、園芸、絵画などの作業技法により、機能の回復や日常活動動作の維持・改善を図り、自立的な生活ができるよう訓練や指導・サポートを行うこと。その際、医師や理学療法士たちと力を合わせて治療にあたるため、協調性や患者の状態を正確に把握する能力も必要です。作業療法は職業準備訓練という目標を持っており、精神的・心理的な安定を目的としているところが理学療法とは異なる点です。 作業療法士になるには、国家試験に合格して免許を取得しなければなりません。受験資格を得るためには、高校卒業後、国の指定する専門学校や大学・短大などの作業療法士養成施設で、必要な知識や技能を修める必要があります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より