医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

薬剤師になるには

薬を調剤に関するスペシャリスト

病院や薬局で医師の処方箋の指示に沿って薬を調剤、製薬会社や医薬品メーカーで薬の研究・開発など、薬剤師は薬に関連するあらゆる場所で活躍する薬事衛生のスペシャリストです。薬の調剤を行うだけでなく、医師や患者に必要な情報を提供したり、入院患者の投薬がふさわしいかを確認するなど、チーム医療の一員としての役割も担っており、病院から持ち込まれる処方箋に従いながら、患者ごとの薬の服用歴を管理し、薬や健康に関するあらゆる相談に応じたりアドバイスを行います。 また、薬を製造する工程の管理責任者には法律で薬剤師資格が必要と定められているため、多くの薬剤師が製薬会社でも働いています。新薬の研究・開発をしたり、医師や薬剤師に自社製品の情報を提供する医薬情報担当者(MR)として活躍している薬剤師もいます。  薬剤師になるためには薬剤師国家試験に合格しなければなりません。薬学系の大学あるいは大学の薬学部を卒業して受験資格を得ます。合格すると厚生労働省から薬剤師免許が交付されます。なお、個人で薬局を開業する場合にも薬剤師の免許が必要となります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より