医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

保健師になるには

健康な生活をサポート

保健師とは、病気を予防する立場から健康な生活をサポートする人のこと。保健所や自治体の保健課、訪問看護ステーションや民間企業の厚生施設などが活躍の場です。保健師は社会環境の変化と時代にあった保健指導の仕事を行っており、戦後の復興期に蔓延していた「結核」が著しく減ったのも、保健師(当時は保健婦)が、衛生や栄養の知識を広めたことが功を奏したからといわれています。日本が世界有数の長寿国になれたのは、医療技術の進歩もさることながら、保健師たちの活躍があったからといっても過言ではありません。 保健師になるには、保健師国家試験に合格することが必要です。なお、地方自治体の保健課や保健所などでの勤務を希望する場合は、公務員試験に合格することも必要になります。 乳幼児から老人まで、すべての年齢層の人たちを対象とし、最近では在宅ケアをする老人が増加しており、それにともなって保健師が社会の中で果たす役割もさらに大きくなっています。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より