医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

診療放射線技師になるには

病気の早期発見に欠かせない存在

健康診断などで一度はお世話になったことのあるエックス線(レントゲン)撮影。外部からは見ることのできない身体の内部を画像にするエックス線写真は、病気の早期発見には欠かせないものです。医師の指示を受けて診療に関わるエックス線撮影や放射線を医療現場で取扱うのが診療放射線技師の仕事です。また、体内に放射線物質を注入し、その分布や動きを撮影するラジオアイソトープ検査や悪性腫瘍の放射線治療などのほか、放射線を利用しないMRIや超音波検査装置などを扱うこともあります。 診療放射線技師として働くためには、国家試験に合格する必要があり、その受験資格を取得するためには、文部科学大臣指定の学校あるいは厚生労働大臣指定の養成所で3年以上必要な知識・技術を修得して卒業しなければなりません。資格取得後の就職先は、国公私立の総合病院や診療所、先端医療設備をもつ大きな病院がメインになります。ほかに保健所や健康検診センター、医療機器メーカーの研究開発などがあります。 放射線は医療に欠かせないものの一方で、危険性を持つものです。撮影の際に患者が浴びた放射線の管理をはじめ、事故防止のための機器点検など、放射線の被害を防ぐことも重要な仕事となります。そのためエックス線作業主任者やガンマ線透過写真撮影作業主任者の資格を同時に取得することができます。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より