医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

臨床検査技師になるには

科学的な検査結果データを医師に提供

医師が患者の診断や治療にあたるためには、患者の血液や尿などを検査する必要があります。臨床検査技師は、これらの検査を行い、結果を科学的なデータとして医師に提供。この結果データを元に、医師は診断や治療を行います。臨床検査には、血液や尿など患者の検体を分析する「検体検査」と、超音波や脳波、心電図など直接患者の体に計器をつけて検査する「生体検査」の2つがあります。 受験資格を得るためには、専門学校などで3年以上学び、知識や技術を修得しておく必要があります。近年、社会のニーズにともなって臨床検査技師資格を取得しようとする人は多く、資格試験の競争率も高くなってきています。資格取得後は、主に総合病院や医科大付属病院、検査センターや、診療所などに就職します。このほか、医科大研究室、公立の衛生研究所や公害研究所、赤十字血液センターや薬品メーカー、食品メーカーの研究室などにも活躍の場は広がっています。 常に医学は進歩しており、検査項目の追加も頻繁に行われています。医療機器類も日進月歩で進化しつつある中で、臨床検査技師として、最新の機器を使いこなすための技術や知識の習得は欠かせません。またチーム医療の一員として、医師や看護師らとともに患者と接する機会も多いことから、協調性やコミュニケーション力も求められます。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より