調理・製菓系

調理・製菓系の職業

パティシエになるには

繊細な技術をオリジナリティで勝負するスイーツ職人

パティシエとは、ケーキや洋菓子を作る菓子職人のことです。菓子製造に関する幅広い知識と確かな技術、そして新しい商品を考案するセンスや創造力が必要です。 最近ケーキやデザートはスイーツと呼ばれ、女性を中心に関心を集めており、各店や職人が味やデコレーションの技を競っています。そんななかで、作り手を志望する人が急増しており、パティシエブームといわれるほど人気の職種です。 パティシエになるには、高校を卒業後、調理や製菓の専門学校などで知識や技術を学び、菓子店などに就職して現場で経験を積むのが一般的です。さらに、食品の安全性や衛生面における知識などを備えていると認定される製菓衛生師の資格を取得すれば、就職や独立、開業に有利です。 かつて洋菓子職人はほとんど男性でしたが、このごろは女性の進出がめざましく、今では男女問わず活躍しています。新たなスイーツを創造するのに、芸術作品としての視点から細やかな感性が重要視されるようになりました。 職場は、ホテル、レストラン、和・洋菓子店、製菓メーカーなどが一般的ですが、実力しだいでは独立・開業の夢も叶えることができます。 一流のパティシエには、精密な作業に取り組む集中力や高い技術力、多くの素材を組み合わせる個性やアイデアが求められます。「お菓子が好き」という気持ちと熱意が夢を叶える強い原動力になるでしょう。