公務員・法律・政治系

公務員・法律・政治系の職業

地方公務員になるには

地方自治体に属し、地域住民の暮らしに貢献

都道府県、市区町村などの地方自治体に勤務し、地域住民の生活に密着した公共的な業務を行う職員を、地方公務員といいます。仕事内容は、行政の一般的な事務をはじめ、警察官、消防官、公立学校の教師、医療・福祉関係、電気、水道、交通、土木、建築、文化事業など、幅広い範囲に及んでいます。勤務先は役所の他、公立の学校、病院、図書館、養護施設、福祉施設、保健所、公民館など、各地方自治体が管理・運営する施設になります。 地方公務員になるには、それぞれの地方自治体が独自に実施する採用試験に合格する必要があります。試験内容や受験資格は各地方自治体によって異なりますが、一般的に上級(4年制大卒程度)、中級(短大卒程度)、初級(高校卒程度)の3段階(東京都はI・II・III類)に分類されます。試験区分が事務、土木、電気、水産、心理、福祉などに分かれていますので、好きな仕事を選んで受験ができます。景気に左右されず、収入や保障面で男女の格差がないなどの理由で、人気の高い職業です。そのため、試験合格をめざして、専門学校や専修学校で学ぶ人が増えています。なお、警察官や消防官、看護師、薬剤師、保育士などの専門職は、個別に試験が行われることが多いようです(市区町村の場合は、退職者の補充が募集の基本となりますので、必ずしも毎年試験があるとは限りません。また、自治体によっては、上級・中級などの区分がないところもあります)。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より