公務員・法律・政治系

公務員・法律・政治系の職業

図書館司書になるには

図書の貸出や情報提供など図書館業務の専門家

正確には「司書」と呼びます。都道府県などの公共図書館や国立国会図書館、大学図書館、一般企業、研究所などの図書資料室に勤務し、利用者が必要とする書籍や情報を探す手助けをするのが主な仕事です。具体的には、図書の貸出や読書案内、読書相談や質問に答えるサービスの他、図書館資料を購入する際の選択・発注・受け入れ。購入および寄贈などによって収集した図書や資料の整理・分類から目録の作成、読書活動推進のためのイベントの企画から立案、実施。また、移動図書館で地域を巡回し、視覚障害者への対面朗読サービスなども行います。こうした司書の業務をアシストする人を、司書補といいます。 図書館司書になるためには、司書の資格が必要です。この資格を取得するには、司書課程を持つ大学や短大で必要な単位を取得する方法と、高等専門学校や短大、大学などを卒業した後、司書講習を受講する方法があります。また、高校などを卒業後、司書補講習を受講し、司書補として図書館などで2年以上の実務経験を積んだ後、司書講習を受講し、取得する方法もあります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より