マスコミ・芸能・声優系

マスコミ・芸能・声優系の職業

映像制作になるには

さまざまな映像作品の制作責任者

映像作家の考えたイメージを実際に作品にするために企画立案したり、それを作品化するうえでスポンサーや出演予定者と交渉するのが映像制作の仕事です。実際に制作が始まると、制作予算の管理から作品のチェックを行なったり、映像作家をはじめ制作スタッフがスムーズに働けるよう管理します。最近は映画やテレビだけでなく、ビデオやDVDなど映像を伝えるメディアも多く、表現方法も多様化しており、コンピュータグラフィックスなどの知識も求められるなど、映像制作に関するさまざまな要求を実現していく力が必要です。 まずは、専門学校や大学、短大などで、脚本、演出、撮影・照明、映像編集、音響など映像制作の全般に関する基本的な知識、技術をしっかりと身につけましょう。映像制作は、人とのコミュニケーションも大事な仕事です。何でも興味をもってチャレンジする姿勢が大切です。 卒業後はテレビ局や映画会社に就職し、営業などの業務を担当するのが一般的です。こうしたさまざまな経験は、映像制作をまかされた時にきっと役立つことでしょう。また、最近ではホームビデオなどを使って、作品を作り、オーディションなどに作品を発表する機会も増えてきました。作品を作りたいという情熱と継続し続ける力が、キャリアアップにつながります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より