音楽・イベント系

音楽・イベント系の職業

MAミキサーになるには

映像と一体化した音を創造する

普段、私たちが目にするテレビや映画などの映像作品には、実にさまざまな「音」が使われています。たくさんの音の素材をひとつにまとめあげ、完成品へと導くのがMA(マルチオーディオ)という仕事です。音楽に楽器の演奏をまとめるミックスという仕事があるように、映像分野にもMAという音のスペシャリストがいるわけです。笑い声や拍手など、収録後に音を付け足す作業(後入れ)もMAミキサーには重要な仕事です。 この仕事はもはや「職人芸」と呼んでもよく、専門のプロダクションに就職して十分な経験を重ねていく必要があります。まずは音響系や映像系の専門学校に入学して、基本的な知識やケーブルの特性や音響機材の操作方法などの技術を身につけましょう。卒業後は放送局や番組制作会社、音響技術専門会社に技術職で入社し、経験を積んでいきましょう。テレビやラジオ、舞台など活躍の場はさまざまです。