音楽・イベント系

音楽・イベント系の職業

PAエンジニアになるには

観客を魅了するライブサウンドを生み出す

PAエンジニアとは、ライブコンサートで広い会場のどこにいても明瞭な音がしっかりと届くようにシステムを組み、アーティストが自然に演奏できるようにする音響技術のスペシャリストです。音響工学やコンピュータの知識、ホール、舞台技術の理解、楽器に関する知識も必要とされ、スピーカーなどの機材の搬入からセッティング、スピーカーのチューニング(音程合わせ)、音楽ミキシング(複数の音のバランスをとる)、各種エフェクト(音に変化を与える)など、全てのテクニックを自分のモノにしておけば、観客を魅了するライブサウンドを生み出すことができます。 エンジニアになるには、専門学校で電気電子工学、音響技術などを学び、知識と技術を習得しておくとよいでしょう。そして、音響技術専門会社や放送局、番組制作会社などに技術職として就職するのが一般的です。