自動車・航空技術系

自動車・航空技術系の職業

航空管制官になるには

航空機の離発着から飛行中まで安全運航を指示する

航空管制官は、無線電話やレーダーを使用し、安全を確保しつつ、航空交通の秩序ある流れを維持し促進させるよう、航空機に対して指示や情報提供を行います。 空港に勤務する航空管制官は、管制塔において、滑走路を使用する順位を決め、離着陸の許可を行ったり、レーダー室において、安全な間隔を保ちつつ効率的な飛行経路で目的空港まで航空機を誘導するなど、空港及びその周辺を飛行する航空機に対する管制を行います。また、全国に4か所(札幌、所沢、福岡、那覇)ある航空交通管制部では日本上空及び周辺の空を監視し、上空を航行中の航空機に対する管制を行います。 航空管制官は、状況の把握、判断、指示を短時間かつ的確に行う必要があるため、高度な知識及び技能が要求されます。 航空管制官になるためには2通りの方法があり、高校卒業後、国土交通省の航空保安大学校・航空管制科学生に採用される方法と、短期大学以上の卒業資格で航空管制官に採用される方法とがあります。それぞれ所定の期間、航空保安大学校における基礎的な研修を修了した後、全国各地の空港または航空交通管制部で活躍することとなります。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より