動物・植物・フラワー系

動物・植物・フラワー系の職業

動物看護師(士)になるには

ペットの健康管理をサポートする看護師

人間の病院と同様、動物の病院にも看護師が必要です。動物看護師(士)・動物衛生看護師は、その名の通り動物の看護師の仕事です。動物の臨床検査や栄養学などの専門知識や技術・技能を持ち、獣医師のもとで、動物の健康管理や診察・治療のサポートを行います。また、看護にとどまらず栄養士や検査技士、保育、グルーミングなど、幅広い知識や技術が要求される仕事です。 ペットや動物の健康管理などについては獣医師が専門家ですが、有資格者が少ないため、健康相談や飼育方法などの相談への対応は、動物看護師(士)・動物衛生看護師が中心となって行っています。主な職場は、動物病院をはじめとしてペットショップ、ペット美容院、ペットホテル、ブリーダーなどでの活躍が可能です。 動物看護師(士)・動物衛生看護師になるために、必ず取得しておかなければいけない資格はありません。しかし動物の専門知識や基礎的な技術・技能を習得するには、動物系のコースを持つ専門学校などで学ぶのがよいでしょう。動物看護師(士)・動物衛生看護師の資格は、民間資格として様々な団体が実施しています。名称も様々ですが、「動物看護師」や「動物看護士」の資格を取得しておくと、活躍の幅も広がるでしょう。近年のペットブームなどにより、動物に関する職業への注目は高まっています。動物看護師(士)・動物衛生看護師は、今後ますますニーズが高まる職業といえるでしょう。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より