理容・美容・メイク・エステ・ネイル系

理容・美容・メイク・エステ・ネイル系の職業

美容師になるには

ヘアスタイルを提案・創造する美のスペシャリスト

美容師は、髪のカット、パーマネント、カラーリングなどの技術を駆使して美しいヘアスタイルを提案・創造する仕事です。今も昔も、女性のおしゃれに対する関心は高く、カリスマ美容師という流行語が生まれたように、実力しだいで大きなチャンスがつかめる仕事です。 美容師になるには、高校を卒業して厚生労働大臣指定の美容師の養成施設へ入学するのが一般的です。卒業後、美容師試験に合格し、免許を受けます。 免許取得後は、美容室やエステティックサロンなどに勤務しますが、経験を積んで、芸能界や服飾業界でヘアメイクアーティストとして活躍する人もいます。また、独立開業を目指す人が多いのもこの仕事の特徴です。 美容師には、技術とともに、お客さんとのコミュニケーション能力も求められます。カットやパーマをする前に、お客さんがどのようなヘアスタイルを望んでいるかを聞き出すことが重要だからです。そのうえで、お客さんの雰囲気や髪質に合ったアドバイスもします。人あたりが良く、相手を尊重する気持ちのある人が向いているでしょう。 最近は、おしゃれの多様化にともない、ネイルケアやエステもできる美容室が増えています。お客さんが美容室に求めるレベルもますます高くなっていくでしょう。美容師には、流行に敏感であるとともに、つねに新しい技術を勉強する向上心が必要です。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より