理容・美容・メイク・エステ・ネイル系

理容・美容・メイク・エステ・ネイル系の職業

ネイルアーティストになるには

ネイルアートや爪の健康管理を行うスペシャリスト

最近人気が急上昇しているネイルアートは、爪に絵やデザインを描き、ファッションの一部として楽しむ爪のおしゃれです。ネイルアーティストは、ネイルアートによって爪の美しさを表現するとともに、そのために必要な爪の健康や手入れにも気を配る仕事で、ネイリストとも呼ばれます。 ネイルアートには、細い筆と専用の絵の具を使用するため、平らではない爪に絵を描くには、熟練の技術が必要です。仕事を始めるのに特に資格はいりませんが、専門学校などに通って、技術を学ぶとともに、爪の衛生学や生理学などの基礎知識を身に付ける必要があります。また、日本ネイリスト協会が行っているネイリスト技能検定に合格すれば、就職にも有利でしょう。 ネイルサロンやエステティックサロンが主な職場ですが、最近は、美容室や結婚式場などでもネイルアーティストの需要が高まっています。経験を積んで、独立・開業する人も少なくありません。 ネイルアーティストには、細かい作業を行うので、手先が器用で、集中力のある人が向いています。また、お客さんとのコミュニケーション能力や人間性も求められます。 美しい指は女性の魅力のひとつであり、なかでも爪は重要なポイントです。確かな技術と知識で、爪の美容と健康に貢献するネイルアーティストは、美容業界の最先端を行くスペシャリストとして注目されています。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より