ホテル・ブライダル系

ホテル・ブライダル系の職業

ブライダルコーディネーターになるには

結婚式をトータルに演出

“結婚”は人生最大のイベント。婚約・結納から結婚式、ハネムーン、お祝い返しまで、実にさまざまな事柄が発生します。なかでも結婚式は、カップルの幸せな門出を演出する大切なセレモニー。この結婚式を、カップルばかりでなく、両家のご両親やご家族のイメージに合わせて総合的に構成、実行していくのがブライダルコーディネーターの仕事です。 結婚式を印象深く、素敵にコーディネートするためには、センスはもちろん豊かな教養、細かな気配りができる繊細さも必要です。最近では、個性的でオリジナルな結婚式・披露宴を希望するカップルも多いため、若い世代のニーズにも対応できるよう、音楽、美術、ファッション、海外情報などにも精通していることが求められます。 活躍の場は、結婚式場やホテル、デパートなどの婚礼サロン、結婚式の企画・プロデュース会社など。高校卒業後、直接、関連会社の採用試験を受験する道もありますが、総合的な社会知識や宴会の専門知識を学び、実務経験を身につけるには、専門学校のブライダル関連学科や、大学・短大のホテル・観光学科などで、基礎知識を身につけてから、就職を目指すとよいでしょう。 ブライダルコーディネーターの仕事に就いてからも、ブライダルスタッフと協調しながら、自分の役割をしっかり認識して、コーディネーター能力アップを目指して実務体験を積んでいきましょう。