デザイン・写真・芸術・工芸系

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

グラフィックデザイナーになるには

印刷物からCD-ROMまで幅広いデザインワーク

書籍や雑誌、新聞、雑誌広告、ポスター、カタログ、パッケージ、CDジャケットなど、主に印刷媒体で色や形、レイアウトなどを効果的に用いた視覚的表現により、独自のデザインやイメージを創り出すのがグラフィックデザイナーです。最近では、デザインの手法としてパソコンを操作して作品を作ることが主流になっており、デジタル媒体のデザインを手がける機会も増えていますが、印刷技術やデザイン、イラスト、レタリングといった基本的な知識やスキルが必要なことに変わりはありません。特に広告作品ではイラストレーターやフォトグラファー(写真家)、タイポグラファー(文字デザイナー)などと共同で作業をすることが多く、共同制作者の意図やアイデアをまとめるアートディレクターとしての役割も果たすことになるので、リーダーシップを発揮することに加えて、デザインに関するさまざまな知識が信頼感を生むことになります。グラフィックデザイナーになるのに特別な資格や免許は不要ですが、デザイン系の専門学校や芸術系の大学・短大などに進んで、デザインの基本的な技術や手法、印刷工程の基本などを学んでおいたほうが有利だと言えます。卒業後は出版社、広告代理店、広告制作プロダクション、デザイン会社、印刷会社のグラフィック部門などに就職するのが一般的ですが、フリーで活躍する実力のあるデザイナーのアシスタントになるなどして、経験を積むのもひとつの方法です。