ビジネス系

ビジネス系の職業

営業になるには

企業の最前線で利益の向上と成長に貢献

企業に入社し、営業部に配属された後、自社の新商品やヒット商品、販売促進等に向けた企画を売るために、取引先の開拓と営業活動をする仕事で、会社の最前線に立って利益向上や成長を支える重要な業務です。最近は、ただ販売するだけではなく、アフターケアや得意先に対するアドバイザー、コンサルティング的な役割を担うことも多くなっています。セールスの方法は、業態や商品により様々です。見込み客の家庭に直接訪問する訪問セールスや固定の得意先と取引するルートセールス、新規顧客開拓を中心とする営業活動などがあります。大企業の場合には分業制を取っているところもありますが、一般的には営業マン一人ひとりがすべてを担当するため、業績アップは個々の営業マンの能力や戦略にかかってきます。そのため、顧客との人間関係、信頼関係が最も重要となり、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。 営業の仕事に就く上で、特別な資格や学歴は必要ありません。しかし、大学や短大、専門学校に進学し、営業に役立つ経営学や経営情報学などを学び、コンピュータ関連の専門知識や技術を習得しておいた方が有利です。また、活動範囲を拡げる自動車免許の他、入社先の業態にあった資格、例えば不動産会社なら宅地建物取引主任者や土地家屋調査士、商社なら商業英語検定などの、営業内容に関連する資格を取得しておくと、業務上の自信につながります。