旅行・観光・エアライン系

旅行・観光・エアライン系の職業

ツアープランナーになるには

旅客の満足に対応した魅力的な旅行を企画する

お客さまが安心して旅行を楽しめる手順を考え、手配するのがツアープランナーの仕事です。例えば、見たいイベントやショー、行きたいレストランなどお客さまのこまかい要望を聞きながら満足のいくツアーを企画、実現していきます。パック旅行の企画はもちろん、個人旅行のコースのアドバイスから、チケットや宿泊施設の手配などもサポートし、個性的な旅を演出するのが役割です。旅行業界では営業の仕事の一つとされていますが、大手の場合は、ツアープランを立てる専門の部署を設けています。現場で培ったノウハウを活かしてコストに見合う商品を開発し、代理店などの販売店に提案し、販売促進のフォローも行います。そのため、広く日本や世界の地理・歴史・国際情勢などについての知識を身に付けておくことが大切となってきます。旅行コース、観光コースなどのある大学や短大、専門学校で学ぶことが近道でしょう。 ツアープランナーの活躍できるところは旅行会社の営業担当、個人旅行専門部門の相談員などです。国家資格である総合旅行業務取扱管理者や旅程管理主任者(ツアーコンダクター)はぜひ取得したい資格です。専門学校ではこの資格取得のため実際の旅行会社で行う企業実習、国内・海外の視察旅行など即戦力につながる実習カリキュラムを取り入れています。