ホテル・ブライダル系

ホテル・ブライダル系の職業

ホテルフロントになるには

ホテルの“顔”。ホテル接客の中心となる仕事

ホテルの接客業務の中心となるのが、ホテルフロント係です。チェックイン・チェックアウトの手続きから、客室の手配、キーやメッセージの受け渡し、チェックアウト時の会計や両替など、さまざまな仕事をこなさなければなりません。直接お客さまと接し、目に見えるサービスを提供する仕事だけに、ホテルのイメージを左右する大切な役割を果たしているといえます。 言葉づかいや接客態度、マナーはもちろん、ホテル内でのいろいろなトラブルに的確に対応する技量も求められ、さらにホテルには世界の国々からお客さまが訪れるため、日常的な語学力も身に付けておく必要があります。 大学・短大で、ホテルに関連する学問と、社会人としての教養や常識を学んだうえでホテル入社を目指す人もいますが、専門学校のホテル関連の学科で、専門知識や技術をあらかじめ学んで入社する人も、最近では増えています。 ホテルのフロント係として仕事をするには、まず各ホテルの採用試験を受験。受験に当たって特別な資格は必要ありませんが、最近は、語学が重要視されているようです。 入社後、適性によってはすぐにフロント係に配属されることもありますが、普通は研修の意味も兼ねて、宴会場、ポーターなど、サービス関連の仕事をひと通り経験してから、ホテルフロントに配属され、活躍の場が提供されることが多いようです。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より