ホテル・ブライダル系

ホテル・ブライダル系の職業

コンシェルジュになるには

ホテルの宿泊客の何でもサービス担当

ホテル滞在客の案内係として働くのがコンシェルジュです。ホテルの顔とも言われています。フロントの脇などに席を設け、ホテル内にある各施設の利用方法から、美術館や名所などの行き方、街の地理案内、イベント情報の提供、観劇チケットの手配、病気の時のケアなど、仕事の内容は多岐にわたっています。ホテルの多種多様な業務の中でも、最近特に注目されている仕事です。 コンシェルジュを目指すためには、外国からのお客さまにも分かりやすく案内できる高度な語学力、世界に通用するマナーや心配りを身につけておくばかりでなく、タウン情報や文化イベントを素早く入手できる情報収集力、そして、お客さまのどんな要求もテキパキ対応できる処理能力も養っておくことが必要です。そのためにも、専門学校や大学・短大の専門コースでこうした能力をしっかり身につけておきましょう。 活躍の場はもちろんホテルですから、専門学校などを卒業後は、まずホテルに就職し、コンシェルジュへの道を歩み始めることになります。一般的には、ホテルスタッフとしてのキャリアを積んだ人の中から選ばれることが多く、ホテルのサービスをマスターした後、専門業務としてのコンシェルジュに配属されます。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より