語学・国際系

語学・国際系の職業

児童英語教師になるには

子どもたちを相手に、楽しませながら英語を教える

日本人の英語を中心とした外国語習得意欲は非常に強いものがあり、こうした社会背景の中で、高校生から社会人向けの外国語専門学校やスクールに加えて、最近では、小さな子どもを持つ家庭においても「語学は小さいときに学ぶ方がしっかり身につく」といった理由から、幼児や児童を対象にした英語教室が増加傾向にあります。また、小学校でも総合学習の一環で、多くの学校が英語の勉強を取り入れているようです。そうした英語教育意識が高まる中で、特に幼稚園児や小学校低学年の子どもたちを対象に、英語の読み・書き・ヒアリング・日常会話までを総合的に教えるのが、児童英語教師です。英語に堪能なのはもちろん、この仕事で大切なのは、小さな子どもたちにわかりやすく、根気よく、飽きさせず、楽しみながら英語をしっかりと教える「テクニック」と「コミュニケーション能力」です。さらに、子どもたちに英語を学ぶことの大切さや面白さを理解してもらうためには、表面上の読み書きだけでなく、英語圏の国の歴史や文化、風習、政治、環境などの現状を知り、言葉だけでないコミュニケーションをもった指導を行う必要があるでしょう。そういった意味でも、指導者として英語の実力をしっかりと身につけておくのはもちろん、常に世界の国々に目を向けておくようなグローバルな視野を持っておくこと、また、子どもが大好きであり、子どもたちのために一生懸命になれる人であることも大切な要素といえるでしょう。