語学・国際系

語学・国際系の職業

大使館スタッフになるには

大使館や領事館での仕事をフォロー

日本と国交のある世界各国の政府は、日本国内に大使館・領事館を置いて、日本政府とのさまざまな話し合いを進めたり、あるいは観光や留学・ビジネスの目的で日本にやってくる自国民の活動を支えています。大使館スタッフの仕事は、こうした諸外国の大使館・領事館に日本人スタッフとして勤め、大使・領事をはじめ大使館員などの業務を支えることです。メインの仕事は、事務処理ですが、海外から派遣されている大使・領事やスタッフの要望に応じて、日本の歴史・文化・伝統芸能から現代の世相・風俗にいたるまで、さまざまな話題について情報を伝え、日本に関する理解を深めてもらうという役割も、同時に果たしているようです。また、日本国内で起きたさまざまな事件や国際的なニュースなどについても、自分なりの意見を求められる場合が考えられます。いってみれば、大使館スタッフの仕事は、日本と所属する大使館の国との相互理解の“かけ橋”として、重要な役割を任されていることになります。したがって、仕事をする上では、国際言語である英語、あるいは所属する大使館の国の言葉を十分に理解し、自由にあやつれる能力を持っていなければなりません。この大使館スタッフになるために、特に資格というものは必要とされていません。しかし、実際に就職する際は、語学について高いレベルの資格を持っていることが、有利になるでしょう。