語学・国際系

語学・国際系の職業

留学コーディネーターになるには

海外留学を希望する人をサポートする

海外への留学を希望する人たちに対して相談に応じ、留学するためのプランを考え、提案するのが留学コーディネーターの仕事です。 ひとくちに「留学」といっても、その目的は人によってさまざまです。たとえば、生きた語学を習得するために海外留学を目指す人もいれば、将来、国際的なステージで活躍するために海外の大学へ留学したいと考えている人もいます。そうした留学希望者一人ひとりについて、留学の目的や希望する留学先(地域や国)から、留学する期間、そのために必要な費用や語学力のレベルまで、あらゆる要素を考えに入れて、その人に最も適した留学のプランを作り上げ、提案するのが、留学コーディネーターの果たすべき役割となります。こうしたプランを提案するには世界各国の政治のあり方はもちろん、各国が留学生を受け入れる際に出している条件(語学力のレベルなど)や、受け入れ先となる学校がどれだけあるか、その学校にはどんな学科・コースやカリキュラムがあり、どんな施設・設備があるのか、などについて、きめ細かな情報を持っていなければなりません。これに加えて、留学時の入学手続きについての実務知識も必要ですし、語学力もハイレベルであることが要求されます。したがって、この仕事に就くには、語学力やコンサルティング技術、旅行業法などについて、幅広い知識を専門学校などで学んでおいた方が良いでしょう。