語学・国際系

語学・国際系の職業

国際公務員になるには

国連などの国際機関で、世界の人々のために貢献する

国際紛争の解決と平和のためにつくられた国際機関として、最も大きな組織として国連(国際連合)があります。そして、この国連という組織の中にも、さまざまな機関があります。こうした国際機関の職員となって、中立的な立場から、世界の国や地域の人々のために役立つ仕事をするのが、国際公務員に与えられた使命です。この国際公務員の仕事には、日本の政府機関にも見られるように、事務系職員の仕事と専門職員の仕事の2種類あります。事務系職員の仕事には、経済問題・財政問題を扱ったり、さまざまな統計をまとめるなどの仕事があります。また、専門職員というのは、法律・経済・保健衛生などの分野で専門知識を持った人のことで、さまざまなプロジェクトの推進役として活躍します。国際公務員は、その仕事の性質上、世界各国に出かけて、その国々の政府機関の人々と話し合い、物事を進めていくことになります。その際に必要になるのは、やはり語学力です。現在、国連の公用語とされているのは、英語とフランス語ですが、ケースによって中国語・スペイン語が使われることもあります。したがって、この仕事に就くには、少なくとも英語とフランス語の2ヶ国語を習得しておく必要があります。また、国の垣根を越えて、責任ある仕事を行なうので、強い意志と体力が求められます。語学系あるいは法律・経済・医療など各分野の専門家を養成する学校で、高いスキルを身につける努力が必要です。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より