旅行・観光・エアライン系

旅行・観光・エアライン系の職業

海外駐在員になるには

日本からやってくるお客様の滞在をサポート

日本の会社で働いている人が、その会社の海外にある営業拠点や工場などに長期間に渡って派遣され、現地で仕事をする、それが海外駐在員です。こうした海外駐在員の仕事は、国際言語である英語、あるいは現地の言葉を理解していなければなりません。また、現地の歴史・文化や国民性を十分にのみ込んで、その国の人々と接していくことが必要です。また、日本とは気候や風土、食事も違うので、体力も必要です。国際化が進む昨今、海外旅行は日常化し、国単位だけではなく、企業間や個人の間でも、国境を越えた協力関係が進んでいます。海外駐在員は、そんな現代で、日本と海外のパイプ役として活躍する重要な仕事と言えるでしょう。