1年生のための進路えらびハンドブック

文理選択Q&A

Q

「文理選択」ってなんですか?

大学で学びたい学問や、将来就きたい職業などに合わせて、高校1年生の秋頃に「文系コース」「理系コース」のどちらかを選ぶことです。そして多くの高校では、高校2年生から、実際に選んだコースに分かれて授業を受けることになります。一般的に、文系とは人間の活動を研究の対象とする学問、理系とは自然界を研究の対象とする学問と捉えられています。

イメージ画像

Q

なぜ、文系と理系に分かれるのですか?

イメージ画像

高校2年生になると、大学受験を意識した勉強が本格的に始まりますので、希望の職業に就くためには、どの学部・学科をめざすのがよいかを決めて、その大学に合格するための授業を受ける必要があるからです。たとえば、「将来は医者になりたい」という人は、大学の医学部に進学しなければなりません。そのために必要な受験科目は何か、という観点から理系コースを選択することになります。このように、社会には、文系コースで学んだ知識がより活かされる職業と、理系コースで学んだ知識がより活かされる職業があります。高校1年生の秋頃までは、これら将来の職業も含めて、自分が文系なのか理系なのかをじっくりと考える時期なのです。

Q

将来の職業がはっきり決まっていない人は、何を基準に文理選択すればいいのですか?

職業が決まっていなくても、大学でこんな勉強がしたい、こんな分野に興味がある、というものがあれば、その学部・学科に進むために必要な受験科目から『文理選択』を行っていきます。  得意科目から選択する、理科の授業が面白いから理系にするなど、好きな科目から選択していく方法もあるでしょう。「得意」「面白い」「好き」といった要素も、選択の際には重要です。  とは言え、高1の『文理選択』で人生の全てが決まるわけではありません。「今、やりたいことがない」「将来の職業がイメージできない」という人も、焦らずに、現時点での興味や関心を大切に『文理選択』を行ってください。

Q

文系と理系で授業はどう違うのですか?

文系コースは国語・地理・歴史・英語などに重点を置いたカリキュラムで学びます。一方、理系コースは数学・理科・英語などに重点を置いたカリキュラムで学びます。つまり、文系と理系では、学ぶ科目や授業時間数が変わってくるのです。
 文系では、主に読解力や語学力、人や社会を観察する力を身につけます。理系では、主に論理的な思考力や真理を追究する力を身につけます。

イメージ画像

Q

文系と理系には、それぞれどんな学問があるのですか?

文系・理系の学部については、下の表を参考にしてください。

文系学部の例
文学部 経済学部 経営学部 社会学部
法学部 商学部 外国語学部 ほか
理系学部の例
医学部 獣医学部 薬学部 理学部
工学部 農学部 水産学部 ほか
文理融合型学部の例
人間健康学部 総合情報学部
生活科学部 教育学部 芸術学部 ほか

最近は「人間健康学部」「総合情報学部」「生活科学部」など、聞き慣れない学部・学科名を耳にすることもよくあります。これらの中には、従来の文系・理系の分類では収まらないもの、つまり両方の要素を持ち合わせた“文理融合型”の学部も少なくありません。入試でも幅広く受験科目を選択できるなど、文系コース、理系コースのどちらからでも受験できるところが多くなってきています。 また、経済学部は文系に分類されていますが、たとえば、経済分野の代表的な職業である銀行や証券などの金融マンには、職種によって高度な数学の知識が求められるなど、理系の要素が多分にあります。

Q

文系に有利な職業、理系に有利な職業には、どんなものがありますか?

イメージ画像

文系・理系に有利な職業については、下の表を参考にしてください。

文系に有利な職業例
裁判官/検察官/弁護士/司法書士/行政書士/公認会計士/弁理士/小説家/編集者/ライター/通訳・翻訳/アナウンサー/放送作家/新聞記者/図書館司書/学芸員/日本語教師 ほか
理系に有利な職業例
医師/獣医師/看護師/薬剤師/理学療法士/作業療法士/臨床検査技師/バイオ技術者/宇宙飛行士/システムエンジニア/パイロット/航空整備士/エンジニア/研究開発者 ほか

大学の学部に文系・理系の両方の要素を持ち合わせた“文理融合型”があるように、世の中の代表的な職業の中にも、一概にどちらが有利とは言えないものはたくさんあります。たとえば小説家を例にとってみましょう。小説は文学ですから、文学部をはじめとする文系が有利なように思われてきました。小説を書くには優れた文章力が不可欠なので、確かにそれは間違いではありません。しかし一方で、小説は何をテーマにするのか、その題材がとても重要になります。ですから、科学や医学の知識を駆使した説得力のある小説を書く人の中には、理系出身の人もたくさんいるのです。