1年生のための進路えらびハンドブック

進路選択Q&A

Q

高校生活にも慣れてきたので、そろそろ夢ややりたいことに向かって進んで行きたいです。夢ややりたいことを見つけるにはどうしたらいいですか?

「自分のやりたいことが見つからない」ことに焦らないようにしましょう。実際には、進学してからやりたいことが決まる人も大勢います。
どんなことを学びたいかを考える時に、将来の夢や職種から考えるという方法もありますが、それにとらわれず、自分の知りたいこと、興味を持っていることから考えてみてもよいと思います。毎日の生活の中で、自分がどんなことを好んでいるか、どんなことに興味を持っているか、といったことを見つめなおしてみましょう。
高校での学習についても、ただなんとなく行うのではなく、学習している中で、どの教科のどんなことを学んでいる時に興味深いと思えるか、ということも進路を検討する際のヒントになります。
 また、現在選択している授業の中から、自分の得意だと思う科目を見つけ、そこから興味を引き出してみるということも一つの考え方ではないでしょうか。
 進路を考えるということは、自分を見つめなおす、ということなしにはできない作業です。自分がどんな人間か、そしてどんな人間に成長していきたいかをよく考えてみましょう。
 今の時点ではっきりとした進路が決まっていなくても、特に不安になる必要はありません。日々の生活における自分の意志や行動を注意深く観察していくと、必ずヒントが出てくるはずです。

イメージ画像

Q

大学、短大、専門学校の違いを教えてください。

大学の修業年限は4年(医歯・獣医・薬学等の一部の大学・学部は6年)、短大は2年(医療系などは3年)と定められていますが、専門学校は1年以上となっており、学校・学科によって1~4年とさまざまに決められています。
また、卒業後に付与される学位・称号は、大学の場合は学士、短大の場合は短期大学士、専門学校の場合は専門士となっています。具体的に学べる内容としては、大学と専門学校というだけでの違いではなく、それぞれの学校がめざすものや教育に関する指針によって異なります。
 進学先の選択においては、大学、短大、専門学校という区分よりも、何を学びたいのか、どんな職業に就きたいのか、などを見据えて、それが可能な進学先を選ぶようにするとよいでしょう。

イメージ画像