日本一の学校情報JS日本の学校

家族に教えたい、教育情報がここにあります。

最近チェックした学校

日本の学校 > 高校を探す > 有名人スポーツワンポイント講座 

有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
岸川聖也さん写真
岸川 聖也選手
プロ卓球選手 北京オリンピック日本代表
1987年5月21日生まれ。福岡県北九州市八幡西区出身。5才から卓球を始め、仙台育英学園秀光中等教育学校、仙台育英学園高等学校を経て2006年にプロ卓球選手になる。2003年よりドイツブンデスリーガに在籍。現在スヴェンソン所属。高校在学中、夏のインターハイ男子シングルス優勝3連覇という偉業をなす。2005年には全日本卓球選手権大会で高校生として52年ぶりとなるベスト4入りを果たした。2008年の北京オリンピックに出場。2009年横浜で開かれた世界卓球選手権においては、水谷隼選手とのダブルスで銅メダルを獲得する。これは男子で97年大会の松下選手・渋谷選手組以来12年ぶりのメダルである。巧みなネットプレーとバックハンドドライブ、正確な台上技術と安定感抜群の両ハンドが武器の素晴らしい選手である。今後も世界卓球界を舞台にますます活躍が期待される。

※この記事は2009年7月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

岸川聖也選手の学生時代は・・・
インターハイ3連覇は、つらい思いを乗り越えた成果
岸川聖也選手写真  僕が卓球をやり始めたのは、5才くらいの時からです。元々僕の両親も卓球をやっていて、4つ上の兄も小さい頃から卓球をしていました。最初は卓球が好きというわけではなくて、卓球なんかやりたくないという気持ちもありました。でも、試合に出て勝てるようになってきた頃から、卓球の面白さが分かってきた気がします。初めて試合で勝てたのが、小学校1年生の全国大会の予選だったと思います。勝ち進んで、予選を通過したとき、とても嬉しかったのを覚えています。その頃からだんだん卓球が楽しくなってきて、練習も真剣にやるようになりました。小学生の頃は地元の卓球クラブに通って、基本練習ばかりしていましたね。

 中学校3年生の頃からはドイツへ留学したんですが、苦労しましたね。最初は言葉もわからないし、しゃべれない、食事をするにもすごく苦労したのを覚えています。和食がすごく恋しくなりました(笑)。卓球の練習は、毎日5〜6時間していました。

 インターハイで優勝した高校1年生のときは、“絶対3連覇してやる!”という気持ちでした。実際、高校3年生で、3年連続優勝が実現したとき、日本人として初だったこともあって、とても嬉しかったです。今思えば、学生時代に苦労やつらい思いを耐えて乗り越えてきたからこそ、実現できたんだと思います。
プロとしての卓球人生、北京オリンピック…
周りの皆さんの応援が僕にとっての卓球人生の原動力です
岸川聖也選手写真  学生の頃からプロ選手のような生活をしていたので、特別プロを意識していたわけではありませんでした。ただ、高校3年生の時に、プロに入ったほうが自分のレベルアップに繋がると考えて、プロになろうと自分で決めました。プロになってからは、自分にスポンサーさんがついたり、自分をフォローしてくれるスタッフさんや、応援してくれる周りの方々がたくさん増えたので、その人たちのためにも、もっと頑張っていこうと思いましたね。

 そして今一番心に残っている試合は、やっぱり北京オリンピックです。学生の頃から世界選手権大会などにも出場していましたけど、オリンピックは特別ですね。卓球の場合、日本代表に選ばれたからといって、オリンピックに出場できるというわけではないんです。オリンピックに出場するには、まず日本代表に選出されて、さらにアジア予選を突破しなければなりません。アジア予選という壁があるだけに、その壁を越えたときはすごく嬉しかったです。それだけオリンピックは僕にとって特別な舞台です。もう何が何でも絶対オリンピックに出たかったんですよ(笑)。

 北京オリンピックでは、あともうちょっとというところでメダルを逃してしまいましたが、次のオリンピックでは絶対メダルを取れるように頑張ります。学生の頃は、ただ卓球が楽しくて、全国大会や世界大会で勝ちたいと思ってひたすら卓球をしていました。でも、最近は周りの人たちやスポンサーさんがすごく応援してくれたり、皆さんが僕のためにいろいろやってくださっているので、そういう人たちのためにも頑張らないといけないと感じています。本当に感謝しています。僕が試合で勝てば皆が喜んでくれる、これが卓球を続けていく上での、僕の原動力です。
岸川聖也選手からワンポイントアドバイス
卓球の基本を自分のものに
岸川聖也選手写真  卓球は基本が一番大事です。だから基本練習はしっかりやりましょう。また、世界で活躍している選手のプレイをビデオなどで観て、研究することも大切です。僕も必ず対戦相手を研究してから試合に臨みます。対戦相手の情報をしっかり頭に入れてから試合に臨めば、いい結果もついてきます。

(1)まずは基本姿勢をしっかり身につけること・・・自然体で、すぐ動き出せるようなリラックスした姿勢をとる。目は相手を見て、顎を少し引く。背筋を伸ばして、やや前屈みになり、肩の力を抜く。胸の前に手がくるように両腕の肘を曲げる。膝は少し内側に入れて、かかとは軽く浮かせる。足は肩幅よりやや広めに開き、右足のつま先と左足のかかとが同じラインになるように立つ。

(2)ボールに慣れる練習1(ラケットリフティング)・・・ボールが地面に落ちないように空中でボールをつき、慣れてきたらボールのバウンドの高さを変える。また、ラケットを裏・表と切り替えしてボールをつくなど、バリエーションを増やしてやってみてください。

(3)ボールに慣れる練習2(スピン・リフティング)・・・ボールの下を水平に切るようにつき、回転をかける練習です。回転がかかっているかどうかは、落ちてくるボールを垂直に構えたラケットに当ててみるとわかります。回転がかかっていればボールは山なりに弾むはずです。この練習で、ボールの回転に対する感覚を養うことができます。

(4)ボールに慣れる練習3(壁打ち)・・・ノーバウンドで壁打ちをします。壁との距離を遠くしたり、近くしたり、間隔を変えながらやってみてください。また、床にワンバウンドさせて壁打ちする方法もあります。

 基本をしっかりと自分のものにしてから、技術的な応用を学んでいくことが大切だと思います。
岸川聖也選手からみんなへのメッセージ 
岸川聖也選手写真  中学3年生の頃からドイツへ留学していましたが、家族にも会えなくてすごく寂しい思いをしました。言葉が通じない国にいると、文化の違いを感じることや、意思の疎通が難しくて、つらい思いをすることがたくさんありました。だけど、やっぱりもっとうまく、もっと強くなりたいという気持ちがあったので、耐えて頑張りました。その耐える強い気持ちが、自分をさらに強い選手へと成長させたのかもしれません。

 また、卓球以外でも人として成長できた部分があって、今の自分があるんだと思います。試合中でも冷静にプレイできるのは、そのおかげかもしれません。そういった意味でも、過去のつらい経験や苦しい経験は、今とても役に立っていると実感しています。

 皆さんも、これから様々な苦難や壁にぶつかることがあるかもしれません。でも、それを乗り越える気持ちの強さが自分を大きく成長させてくれると信じて、あきらめずに頑張ってください。僕も頑張ります!

※この記事は2009年7月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

卓球
平野 早矢香選手
平野 早矢香選手(卓球選手)
目の前の壁を乗り越えた達成感は、忘れられない
松下 浩二選手
松下 浩二選手(プロ卓球選手)
何かにチャレンジすること、それ自体が自分の成功だと思う
pagetopへ
志望校が決まったら JS日本の塾