検索する
メイン写真

現地主義教育の舞台は、グローバルアジアへ

愛知大学の3つの特長

3つの特長1

「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」推進中

3つの特長2

卒業生は13万人超*。中部地区の企業、官公庁で活躍 *2015年現在

3つの特長3

世界11ヵ国・地域37大学と提携した充実の留学制度

2012年、現代中国学部の取り組みが、中部地方の私立大学では唯一、文部科学省の「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」<特色型>に採択されました。1997年の学部開設以来一貫した現地主義教育と実践的な中国語教育に加え、「さくら21プロジェクト」などの新たな教育活動が評価されたものです。

愛知大学のとっておきニュース

名古屋キャンパスに本館(研究棟)とグローバルコンベンションホール完成予定

2017年春に本館(研究棟)とグローバルコンベンションホールが完成する予定です。高さ100mの本館(研究棟)には研究室のほか教室、学生用のスペースがあり、学習環境が一層充実します。グローバルコンベンションホールには学会や国際会議等が開催できる600名収容のホールがあります。引き続き、名古屋市の国際歓迎・交流拠点の形成やにぎわいのある複合型まちづくりの推進等のささしまライブ24地区の開発コンセプトを踏まえたまちづくりに寄与しつつ、第2期工事を進めてまいります。

愛知大学の 学科・コース

自分らしさを見つける研鑽のフィールド

法学部(4年)
法学科
経済学部(4年)
経済学科
経営学部(4年)
経営学科
会計ファイナンス学科
現代中国学部(4年)
現代中国学科
国際コミュニケーション学部(4年)
英語学科
比較文化学科
文学部 人文社会学科(4年)
現代文化コース
  東アジア文化専攻
  哲学専攻
  図書館情報学専攻
  メディア芸術専攻
社会学コース
  社会学専攻
心理学コース
  心理学専攻
歴史・地理学コース
  日本史学専攻
  世界史学専攻
日本語日本文学コース
  日本語日本文学専攻
欧米言語文化コース
  現代国際英語専攻
  ドイツ語圏文化専攻
  フランス語圏文化専攻
地域政策学部(4年)
地域政策学科
  公共政策コース
  地域産業コース
  まちづくりコース
  地域文化コース
  健康・スポーツコース

上記は、2016年4月入学者対象のものです。

愛知大学の 学費のこと

■2016年度入学者学納金等
【法学部】1,191,000円
【経済学部】1,191,000円
【経営学部】1,191,000円
【現代中国学部】1,251,000円
【国際コミュニケーション学部】1,251,000円
【文学部】1,161,800円
【地域政策学部】1,141,800円
※その他、別途実習費等がかかる場合があります。

愛知大学の 学費のこと

■学内奨学金制度
【愛知大学スカラシップ】愛知大学のメイン入試である前期入試、センター試験利用入試(前期・5教科型)の成績上位108名以内に1年次の授業料と教育充実費相当額を給付する制度です。(入学後の成績により2年次以降も継続給付)
【学業奨励金】2年次以上の学生を対象に、前年度に修得した科目の単位数・成績を基準に、学業成績が優秀な学生に授業料の半額相当額を給付する制度です。
※その他、各種奨学金制度を設けています。

愛知大学の キャンパスのこと

■交通アクセス
名古屋キャンパス/「名古屋」駅下車徒歩約10分/あおなみ線「ささしまライブ」駅下車/近鉄「米野」駅下車徒歩約5分/名鉄バス「愛知大学前」下車/名古屋市営バス「ささしまライブ」下車。
豊橋キャンパス/豊橋鉄道渥美線「愛知大学前」駅隣接。
車道キャンパス/地下鉄桜通線「車道」駅下車、徒歩すぐ。

愛知大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●車道キャンパス

〒461-8641 愛知県名古屋市東区筒井2-10-31

TEL.052-937-8112  (入試課:平日9:00~17:00) 

ホームページ http://www.aichi-u.ac.jp/
E-mail nyushi@ml.aichi-u.ac.jp
ページの先頭へ
-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで愛知大学の情報をチェック!

愛知大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料