検索する
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
ちゅうぶ

中部大学

(私立大学/愛知県春日井市)

資料請求

中部大学の
新しい学部
学科・コース

工学部が新8学科体制に。
宇宙航空産業や関連分野の製造現場のリーダー的技術者を育成。

  • 工学部 宇宙航空理工学科(仮称)(2018年4月設置予定/構想中)
  • 工学部 電気電子システム工学科(仮称)(2018年4月設置予定/構想中)
中部圏には宇宙航空産業の企業が集結しており、2011年より国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙クラスター形成特区」に指定されています。今後ニーズが高まる機体の製造を担う人材(リーダー的技術者)の育成をめざします。 新しい学科・コースメイン写真

カリキュラム

基盤的な専門分野を学び複合的な宇宙航空理工学に関する教育の実施や、電気工学と電子工学の複合的技術を修得する。

カリキュラム

宇宙航空理工学科(仮称)では、流体力学、材料工学、構造力学、制御工学、飛行力学、電子情報工学など、基盤的専門知識を修得するとともに、ジェットエンジン・ロケットエンジン、航空宇宙機生産工学、ロケット工学、衛生システム、宇宙航行などの学際的・複合的な宇宙航空理工学に関する教育を行います。グローバル人材として活躍できるよう、英語力も修得。全額共通教育科目の他に、専門用語を中心に学ぶ「技術英語」を設定しています。電気電子システム工学科(仮称)では、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の動きに対応できるよう、自動車、航空、産業用ロボットや家電といった電気、電力を使用する設備関連、半導体デバイスなど、電気・電子・情報技術を組み合わせてモノを動かすシステムについて学びます。

産官学連携教育

産官学連携教育を推進し、地元企業。研究機関での見学・実習を行う。

宇宙航空分野は、理学、機械・制御、電気・電子・情報系など、幅広い基礎学力が求められます。新8学科体制となる本学工学部で多様な学問領域を基盤として、企業で必要な技術や広い視野の修得をめざします。本学の立地する春日井市は、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の生産開発拠点である愛知県豊山町に隣接しているおり、地の利を生かした「産官学連携教育」を推進し、地元企業や研究機関での工場見学・実習などを取り入れます。2年次と3年次に、宇宙航空産業に携わる企業に「工場見学」を実施。また、同時に行う「工場実習」では、企業のモノづくりの現場で仕事を体験します。

就職

新しい宇宙機・航空機を誕生させるリーダーや、モノづくりの第一線で新しい発想や価値を創造できる技術者をめざします。

●宇宙航空理工学科
卒業後はモノづくりに関する幅広い場で、技術者として専門知識を発揮できます。特に、実際にモノを形にして世に送り出す生産の第一線で、将来のリーダーとしての活躍が期待されます。機械・電気・電子・情報の複合的な知識と英語力は、宇宙航空産業以外のモノづくりの分野でも幅広く生かすことができます。
●電気電子システム工学科
本学科の卒業後は、自動車、航空、産業用ロボットや家電といった電機、半導体デバイス、電力を使用する設備関連など、多様な分野で活躍が期待されます。小さな部品一つから巨大システムまで、また、研究開発から生産、利用まで、どのような分野・段階においても、全体を見渡すシステムとしての視点があることで、新しい発想や価値を創造できる可能性が広がります。

中部大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200

TEL.0568-51-1111  FAX.0568-52-1156  フリーダイヤル0120-873941(入試情報ホットライン)

ホームページ http://www.chubu.ac.jp/
E-mail koho@chubu.ac.jp
ページの先頭へ

中部大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで中部大学の情報をチェック!