検索する
過去問題にチャレンジ!
教科から
気になる学校について調べよう
大学入試センター試験最新情報
大学入試センター試験の最新情報をお届けします
 最新情報
独立行政法人 大学入試センターホームページより
平成30年度 センター試験実施期日
 平成30年1月13日(土)、14日(日)
気になる学校の入試制度のことなど、最新のパンフをもらって今すぐチェックしよう
資料請求
平成30年度 大学入試センター試験 出題教科・科目等
教科 グル
ープ
出題科目 出題方法等 科目選択の方法等 試験時間(配点)
(→注1)
国語   「国語」 「国語総合」の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文、漢文)を出題する。
(→注2)
  80分
(200点)
地理歴史   「世界史A」
「世界史B」
「日本史A」
「日本史B」
「地理A」
「地理B」
「倫理、政治・経済」は、「倫理」と「政治・経済」を総合した出題範囲とする。 左記出題科目の10科目のうちから最大2科目を選択し、解答する。
ただし、同一名称を含む科目の組合せで2科目を選択することはできない。(→注3)
なお、受験する科目数は出願時に申し出ること。
1科目選択
60分
(100点)

2科目選択
130分
(うち解答時間120分)
(200点)
(→注4)
公民 「現代社会」
「倫理」
「政治・経済」
「倫理、政治・経済」
数学 (1) 「数学 I 」
「数学 I ・数学A」
「数学Ⅰ・数学A」は、「数学Ⅰ」と「数学A」を総合した出題範囲とする。
ただし、次に記す「数学A」の3 項目の内容のうち、2 項目以上を学習した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。
(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)
左記出題科目の2科目のうちから1科目を選択し、解答する。 60分
(100点)
(2) 「数学 II 」
「数学 II ・数学B」
「簿記・会計」※
「情報関係基礎」※
「数学 II ・数学B」は、「数学 II 」と「数学B」を総合した出題範囲とする。
ただし、次に記す「数学B」の3項目の内容のうち、2項目以上を学習した者に対応した出題とし、問題を選択解答させる。(数列、ベクトル、確率分布と統計的な推測)

「簿記・会計」は、「簿記」及び「財務会計Ⅰ」を総合した出題範囲とし、「財務会計Ⅰ」については、株式会社の会計の基礎的事項を含め、「財務会計の基礎」を出題範囲とする。
「情報関係基礎」は、専門教育を主とする農業、工業、商業、水産、家庭、看護、情報及び福祉の8教科に設定されている情報に関する基礎的科目を出題範囲とする。
左記出題科目の4科目のうちから1科目を選択し、解答する。
ただし、※が付された科目の問題冊子の配布を希望する場合は、出願時に申し出ること。
60分
(100点)
理科 (1) 「物理基礎」
「化学基礎」
「生物基礎」
「地学基礎」
  左記出題科目の8科目のうちから下記のいずれかの選択方法により科目を選択し、解答する。
A 理科(1)から2科目
B 理科(2)から1科目
C 理科(1)から2科目
及び理科(2)から1科目
D 理科(2)から2科目

なお、受験する科目の選択方法は出願時に申し出ること。
【理科(1)】
2科目選択
60分
(100点)(→注5)
(2) 「物 理」
「化 学」
「生 物」
「地 学」
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」には、一部に選択問題を配置する。 【理科(2)】
1科目選択
60分
(100点)

2科目選択
130分(うち解答時間120分)
(200点)(→注4)
外国語   「英語」
「ドイツ語」※
「フランス語」※
「中国語」※
「韓国語」※
「英語」は、「コミュニケーション英語I」に加えて「コミュニケーション英語II」及び「英語表現I」を出題範囲とする。 左記出題科目の5科目のうちから1科目を選択し、解答する。
ただし、※が付された科目の問題冊子の配布を希望する場合は、出願時に申し出ること。
【筆記】
80分
(200点)
【リスニング】
(「英語」のみ )
60分(うち解答時間30分)
(50点)

  1. 国語及び外国語(「英語」を除く。)は、各教科について1試験時間とし、地理歴史及び公民については、合わせて1試験時間とします。数学及び理科は、(1)及び(2)の出題科目のグループごとに、外国語「英語」は、筆記とリスニングに試験時間を分けます。
  2. 「国語」の出題分野別の配点は、「近代以降の文章(2問100点)、古典(古文(1問50点)、漢文(1問50点))」とします。なお、国語の出題分野のうち、大学が指定した分野のみを解答する場合でも、国語の試験時間は80分です。
  3. 地理歴史及び公民の「科目選択の方法等」欄中の「同一名称を含む科目の組合せ」とは、「世界史A」と「世界史B」、「日本史A」と「日本史B」、「地理A」と「地理B」、「倫理」と「倫理、政治・経済」及び「政治・経済」と「倫理、政治・経済」の組合せを指します。
  4. 「地理歴史、公民」及び「理科(2)」の試験時間において「2科目を受験する」と登録した場合は、解答順に第1解答科目及び第2解答科目に区分し各60分間で解答を行いますが、第1 解答科目及び第2 解答科目の間に答案回収等を行うために必要な時間を加え、試験時間を130分とします。
  5. 理科(1)については、1科目のみの受験は認めません。
  6. 外国語において「英語」を選択する受験者は、原則として、筆記とリスニングの双方を解答してください。リスニングは、音声問題を用い30分間で解答を行いますが、解答開始前に受験者に配布したICプレーヤーの作動確認・音量調節を受験者本人が行うために必要な時間を加え、試験時間は60分とします。なお、「英語」以外の外国語の筆記を受験した場合、リスニングを受験することはできません。
 ※最新情報については大学入試センターホームページにてご確認ください。
ページの先頭へ

センター試験対策に困ったら・・・

受験科目が多くて、どこから手をつけたらいいかわからない!
そんな時は、塾・予備校を検討してみましょう。あなたにピッタリな塾・予備校を見つけてください!

日本の塾はこちら

ページの先頭へ