検索する

一般入試 出願準備アドバイス
メニュー

一般入試 出願準備アドバイス

センター試験や一般入試がいよいよせまってきました。このページでは、何かと手間取りがちな出願をスムーズに行うために気をつけたいポイントをアドバイスします。

1.出願のために必要なもの一覧(例)※必要書類の詳細は、各大学の募集要項を必ずご確認下さい。

多くの書類が必要になるので、時間には十分余裕を持って揃えましょう。

  • 志望校の入学願書・募集要項

    まずは志望校の願書を取り寄せましょう。まだ取り寄せていない人は、すぐに請求を!

  • 写真

    入学願書に貼り付ける写真は、サイズ、撮り方に細かなルールが決められています。
    各大学の募集要項をよく読んで、間違いの無いようにしましょう。

  • 調査書

    出身高校に作ってもらうことが必要です。
    特に併願校を多く受験する人は、早めに依頼しましょう。(コピーは使用できません)

  • 受験料

    出願期間中に振込が必要です。試験1回につき数万円と、決して安くはないので、
    保護者の方にもきちんと伝えて用意できるようにしましょう。

  • センター試験成績請求票(センター試験受験者のみ)

    大学入試センター試験に出願した人の自宅へ、受験票と一緒に届きます。
    国公立大学受験者や、私立大学のセンター利用試験を受ける人は必ず確認しましょう。

(以下の書類は、人によっては必要になります。自分が該当しているか必ずチェックしてください)

  • 外部検定試験(英検など)スコア表または合格証

    外部の検定試験の成績を利用する試験を受験する人

  • 修了(見込み)証明書/成績証明書

    外国学校出身の人など、高等学校を卒業したと同等と認められる人

  • 合格(見込)成績証明書

    高等学校卒業程度認定試験に合格した(合格見込みの)人

2.郵送出願の手順とチェックポイント→ネット出願の手順についてはこちら

  • ①入学願書に必要事項を記入
     写真を貼付け

    書類は十分「下書き」をしよう

    書き損じ等がおこらないよう、事前にコピーしたものに下書きをし、それを清書するなどの工夫をしましょう。
    書き終えた書類は、コピーをとることも忘れずに!
    できたら、学校の先生や保護者の方にもチェックしてもらいましょう。

  • ②他の書類と一緒に郵送
    ③受験料の振込

    「当日消印有効」か「必着」かを見落とさない!

    「当日消印有効」なら、締切日に郵便局へ駆け込めば何とか間に合いますが、「必着」だと、締切日に大学の窓口に届いていなければなりません。

    「発送方法」をチェック!

    「簡易書留」「速達」などの指定がされている場合がほとんど。
    誤って普通郵便で出すと出し直しになる場合もある。

  • ④受験票の受取り

    「受験会場」をチェック!

    希望した受験会場になっているかチェック。
    出願者数や書類の到着順によっては、希望した受験会場にならない場合があるので注意!

※詳細は各大学によって異なるので募集要項を必ずご確認ください。

3.願書はいつまでに書いたら良い?

出願期間の締切ぎりぎりになって取りかかるのはNGです。
何かの不備等が起こったときに対応することができなくなります。
書類の不備等のミスは、誰にでも起こりうるものです。
「自分は大丈夫」とは思わず、何か起こった時のことも考えて、十分余裕を持って準備しておきましょう。

<例:出願期間が1/6〜1/13の場合>

出願期間が1/6~1/13のカレンダー

出願期間前のこの時期から準備を進めよう!

出願期間

不備があった時の対応期間

チェックポイント

  • ・書類の準備は、「出願期間が始まると同時に郵送できる」
    ぐらいのペースで取りかかろう!
  • ・いろいろな人に相談をして書類を集める必要がある。
    (学校の先生、保護者 など)早めに動くことが重要!
  • ・特に、地方会場や学外の試験会場を利用したい人は、先着順になることもあるので
    注意しよう!

▲ページの先頭へ