検索する
幼稚園情報 進学お役立ち
幼稚園の選び方
   幼稚園を選ぶときのポイント
   幼稚園の種類
   幼稚園へ通う年数と保育の種類
   教育理念や校風
   幼稚園生活を過ごすポイント
幼稚園を選ぶときのポイント
お子さまにとって、幼稚園ははじめての集団生活の場となるため、幼児教育に対する考え方や保育内容、施設・設備や雰囲気など、様々な観点から検討し、お子さまとご家庭の事情にあった幼稚園を選んでいくと良いのではないでしょうか。
各幼稚園では、様々な工夫をこらした教育・保育が行われています。その中で、次のような項目に優先順位をつけ、お子さまの性格や保護者の方の希望、ご家庭の事情、地域の事情などから、適した幼稚園を選んでいくと良いでしょう。

【幼稚園選びのポイント(例)】
・国立/公立/私立
・3年保育/2年保育/1年保育
・教育理念や校風
・施設や設備
・給食や預かり保育などの諸制度
・通園時間・距離や通園手段
幼稚園の種類
幼稚園には、国が設置・運営する国立幼稚園、市区町村などの地方自治体が設置・運営する公立幼稚園、民間の学校法人などが設置・運営する私立幼稚園の3種類があります。
国立幼稚園は、国立大学に附属して設置されています。大学と協力して幼児教育に関する研究の場となったり、教育実習の場となったりするところもあります。
公立幼稚園は、主に市区町村に設置されています。小学校の学区ごとに設置され、小学校の校長が幼稚園の園長を兼ねているところもあります。
私立幼稚園は、各学校法人などによって設置・運営されています。もとになる教育理念などは様々で、高等学校や大学・短大に附属していたり、小中高校、大学まで系列校をもっているところもあります。
幼稚園へ通う年数と保育の種類
幼稚園へは、満3歳から通うことができます。入園の年齢から見ると、次の3種類が一般的です。
「3年保育」・・・満3歳になった次の4月から3年間通う
「2年保育」・・・満4歳になった次の4月から2年間通う
「1年保育」・・・満5歳になった次の4月から1年間通う

また、入園資格として「満3歳から」と定められているので、満3歳になった学年の途中からでも受け入れる「満3歳児保育」を実施しているところもあります。満3歳児の独立クラスを設けている場合や、3歳児クラスとの混合クラスを設けている場合など、幼稚園によって異なるようです。この場合、3年以上通うことになります。
教育理念や校風
幼稚園教育の内容は、「幼稚園教育要領」に基本が定められていますが、設立者の教育理念や幼児教育に対する考え方、地域の事情、などによって幼稚園ごとに特色があります。
教育理念や幼児教育に対する考え方として、モンテッソーリやシュタイナーなどの教育思想家の理念を取り入れているところ、キリスト教や仏教など、特定の宗教を取り入れているところなどがあります。
保育の方法については、クラス全員が同じことを行う「一斉保育」を行うところ、ひとりひとりの自発性に任せる「自由保育」を行うところなどがあります。クラス編成についても、同じ年齢の子どもたちでクラスを編成するところや、異なる年齢の子どもたちでクラスを編成する「縦割り保育」を行うところなどがあります。
教育理念の反映のさせ方や、保育内容、クラス編成についての重点の置き方などは、必ずしも一方向ではなく、幼稚園によって様々に異なります。それが各幼稚園を特徴づけているとも言えるのではないでしょうか。
幼稚園生活を過ごすポイント
制服や給食の有無、預かり保育の実施状況、立地環境や施設・設備、通園の時間や手段についても考慮しておくと良いでしょう。
制服に関しては、上下ともに指定の制服があるところ、ジャケットなど上着だけがあるところなどがあります。それ以外にスモッグや体操服、スタジャンなどがあるところもあるようです。幼稚園の昼食は、給食がでるところ、お弁当が必要なところ、日によって異なるところ、などがあります。おやつの時間を設けている幼稚園もあるようです。
時間終了後も引き続き保育を延長できる「預かり保育」を実施する幼稚園は増加しています。ただし、その実施時間や日数などは幼稚園によって異なります。
「幼稚園設置基準」には、幼稚園に設置しなければならない施設や設備の基準を定めていますが、立地場所や環境によって詳細は異なります。通園にかかる時間や、通園に必要な交通手段も検討項目のひとつでしょう。送迎バスを用意している幼稚園もあります。通園にかかる時間や手段から、通園区域を限定している幼稚園もあるようです。
これらのポイントにも気を付けて、幼稚園生活を快適に過ごすことができるような幼稚園を選んでください。