検索する
幼稚園情報 進学お役立ち
幼稚園とは
   幼稚園とはどんなところですか?
   幼稚園ではどんな教育や指導が行われているのですか?
   幼稚園と保育園とはどう違うのですか?
   最近の幼稚園事情はどんなものですか?
   「幼児教育振興プログラム」って何ですか?
   「預かり保育」はどのくらい実施されているのですか?
   満3歳になった次の4月からしか入園できないのですか?
幼稚園とはどんなところですか?
幼稚園は、小学校や中学校、高校、大学などと同じように、学校教育法に定められた「学校」です。「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的(学校教育法第22条)」としています。
ただし、小中学校のような義務教育機関ではありません。満3才から小学校就学の年の満6歳になるまでの幼児に入園資格があります。
幼稚園の保育内容は、文部科学省による「幼稚園教育要領」に定められており、これにしたがって、「幼稚園教諭」である、いわゆる幼稚園の先生が保育を行います。
幼稚園ではどんな教育や指導が行われているのですか?
「健康」・・・・・・ 健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。
「人間関係」・・ 他の人々と親しみ、支え合って生活するために、自立心を育て、人とかかわる力を養う。
「環境」・・・・・・ 周囲の様々な環境に好奇心や探究心をもってかかわり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。
「言葉」・・・・・・ 経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。
「表現」・・・・・・ 感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。
幼稚園と保育園とはどう違うのですか?
もとになっている法律と管轄している省庁が違い、目的が異なっているといえるでしょう。
【幼稚園と保育園(保育所)の比較表】
幼稚園
保育園(保育所)
根拠法 学校教育法 児童福祉法
管轄省庁 文部科学省 厚生労働省
施設名称 学校 児童福祉施設
目的 幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長する(学校教育法第22条) 保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育する(児童福祉法第39条)
保育内容の基準 幼稚園教育要領 保育所保育指針
基本的考え方 幼児期の特性を踏まえ、環境を通して(教育を)行う (入所する乳幼児の)福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものでなければならない
対象 満3歳から小学校就学の年(満6歳) 満1歳に満たない乳児から小学校就学の年(満6歳)
保育担当者 幼稚園教諭 保育士
教育・保育時間 4時間を標準とする 原則8時間
最近の幼稚園事情はどんなものですか?
「地域・社会による子育て支援」をキーワードに、小さなお子さまのいるご家庭を応援しています。各幼稚園だけでなく、国や地方自治体をあげて、幼児期における教育の充実や、制度や環境の整備が進められています。具体的には「幼児教育振興プログラム」の推進、「預かり保育」の充実、「2歳児保育」実施などの動きがあります。
「幼児教育振興プログラム」って何ですか?
文部科学省によって進められている、幼稚園教育に対する様々な施策です。「幼稚園の教育環境の整備」はもちろん、「子育て支援」や「保育所、小学校との連携」などが進められています。
地域の子育て支援機能の充実や幼児期の教育環境の整備、小学校以降の学校教育への円滑な移行、などを目的として、文部科学省によって「幼児教育振興プログラム」が発表されました。幼稚園教育の条件整備に関する施策を中心に、平成13年度から5年間にわたって実施されます。
具体的施策には、次のものがあります。

【幼稚園の教育活動及び教育環境の充実】
幼稚園教育要領の理解の推進/道徳性の芽生えを培う教育の充実/満3歳児入園の条件整備/ティーム保育の導入及び実践のための条件整備/幼稚園教員の資質向上/幼稚園の施設整備の推進/幼稚園就園奨励事業の充実

【幼稚園における子育て支援の充実】
幼稚園運営の弾力化/「預かり保育」の推進/子育て支援の推進/異年齢・異世代交流の推進

【幼稚園と小学校の連携の推進】
教員間、幼児・児童間、保護者間の交流の推進/幼稚園及び小学校の教員免許の併有機会の充

【幼稚園と保育所の連携の推進】
幼稚園と保育所の共用施設に係る運営等の実践研究の実施/教員と保育士間や幼稚園児と保育所入所児間の交流の促進/幼稚園と保育所の連携の事例集の作成等/幼稚園教員免許と保育士資格の併有機会の充実
「預かり保育」はどのくらい実施されているのですか?
半数以上の幼稚園で実施されています。
幼稚園の標準教育時間は4時間です。朝9時くらいから幼稚園に行って、午後2時くらいには終了して帰るというのが通常のカリキュラムです。通常の教育時間終了後も、引き続き保育を延長する制度を、「預かり保育」といいます。文部科学省によると、平成13年6月現在で、「預かり保育」を実施している幼稚園は、9846園あり、半数以上の幼稚園で実施されていることになります。実施の日数は、週5~6日が多く、終了時間は午後5時~6時が4363園、午後4時~5時が2383園となっています。(文部科学省報道発表資料「預かり保育」の参考資料より)長期休業期間や早朝に実施する幼稚園も増加しています。
満3歳になった次の4月からしか入園できないのですか?
2歳児からの保育を実施する幼稚園もあります。
幼稚園の中には、2歳児の保育を実施しているところもあります。3歳になって就園する幼児を対象としたり、週に数日、月に数日、などと期間を限定したり、実施方法は様々です。また、幼稚園と保育園を統合したり、両者を併設した施設を設けたり、保育園と連携するなどして、対象となる子どもの年齢を広げ、幼児教育の充実をはかる動きもあるようです。