服部栄養専門学校

服部栄養専門学校

栄養士科 2年

菅 桃香さん

(神奈川県立相模原高等学校)

○将来の夢:美味しい!で有名な給食調理員

○趣味:旅行に行くことと写真を撮ること

○アルバイト:コンビニ店員

1
調理のできる栄養士になりたい
体験入学に初めて来た際、先生方や広報の方々、学生スタッフの皆さんの接し方や振る舞いに“おもてなしの心”をとても感じ、このような方たちに囲まれた環境で学べたらとても幸せだろうなと思ったことがきっかけです。また、“調理のできる栄養士を育てる”という方針が自分の理想とも重なり、この学校に決めました。
2
一から先生が教えてくれるから安心
栄養士科は、大きく分けて「調理について」「栄養について」の2つについて学びます。それに伴って実験・実習も多くありますが、基本的に必要な知識は生物と化学になってくるかなと思います。高校での履修が望ましいですが、一から先生が教えてくださるので安心して学べます。課題やレポートがとても多くて大変ですが、すぐに慣れますし、とっても団結力があって協力し合えるクラスなので、友人とも互いにサポートし合っています。
魚も一人でさばけるようになりました
この学校で学ぶようになってから、自分で包丁も研げるようになり、切り方マスターコースを受講していたおかげで魚を一人でさばくことができるようになりました。魚を一尾買ってきて、家でさばいて刺身にしたり、煮たりアラ汁にしたりと、普段の生活にもとても役立っています。釣りがすきなので、自分で釣って自分でさばいて食べたりもしています。
同じ夢を持つ仲間と楽しく学べます
4
学校生活もプライベートも充実した毎日
学校生活で特に印象に残っているのが、一大イベントである学園祭です。準備期間はとにかく忙しいですが、学生が主体となって学園祭を作っていく様子や、当日にお客様の美味しそうな笑顔をたくさん見られるので、頑張って本当に良かった!と本気で思えます。また、プライベートもアルバイトだけにならないよう、食べ歩きしたり、日帰りドライブに出かけたりと趣味を充実!をモットーに楽しく過ごすことを心がけています。
休日はクラスメイトとお出かけ
5
美味しい!で有名な給食調理員になりたい
仕事としての目標は、美味しい!!で有名な給食を作る人になることです。自分の生活での目標は、自分の家族の健康を食事という方法で守っていくことです。力で守ることの難しい女性だからこそ、食事の面から支えていきたいと考えています。これを頑張っています!と胸を張って言えるほどのことでもないですが、家で料理をするときにも、このメニューなら大量調理もできるかな、子どもや高齢者にはどんな工夫が必要かなと、常に考えながら調理をしています。
学校全体が清潔
実習室や実験室など、使用後は清掃をして点検をするので常に清潔に保たれています。清掃の仕方など将来必ず役立ちます。
本格的な設備
学校で使用する器具や設備はどれもプロの現場と同様の本格的なものが揃っているので、校外実習でも戸惑うことなく扱うことができました。
おいしい学食
先生方がつくる学食はプロがつくる本格的な味。体にも優しい栄養たっぷりのメニューが魅力です。
ハイレベルな講師
技術の高さはもちろん、どの先生も知識がものすごく豊富で、実習中のお話など、すごく勉強になります。
実践的な授業
校外実習に行ったときに臨機応変に手早く作業することができ、日頃の授業の積み重ねの重要性を実感しました。

服部栄養専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-25-4  入学相談室 0120-69-8101 (フリーダイヤル)

TEL.03-3356-7175 

ホームページ http://www.hattori.ac.jp
E-mail open@hattori.ac.jp
ページの先頭へ

服部栄養専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目★学校情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで服部栄養専門学校の情報をチェック!