検索する
音響芸術専門学校

音響芸術専門学校

クリエイターズ・ディビジョン 録音・PA技術科2年

桃北 啓生さん

(高崎商科大学附属高等学校)

○クラブ・サークル:録音ゼミ

○趣味:スポーツ、音楽鑑賞

○アルバイト:イベントの設営

○高校の時の得意科目:英語、情報

1
少人数制であたたかい雰囲気の中、 好きなことをじっくり学べることが決め手でした。
オープンキャンパスでの先生のアドバイスが、本当に自分がやりたいことを真剣に見つめ直すきっかけとなり、後悔のない学校選びができたと感じています。色々な学校のオープンキャンパスにも参加しましたが、音響芸術専門学校では、先生方が親身になって私の進路を第一に考えてくれました。「こんな先生方のもとで学びたい」と思えたことと、少人数制で基礎からじっくりと学べることが決め手となりました。
2
授業では毎回発見や驚きがあって、1回1回が貴重! 先生の言葉は、どれも聞き逃せません。
プロの現場で活躍している講師の先生も多く、どの授業も1回1回が貴重。だから、できる限り授業に集中し、先生の言葉をしっかりメモに残し、家に帰って復習するように心がけています。
1年次で幅広い分野の基礎を学んで、いちばん面白かったのがサラウンドの授業です。一般的なステレオはL・Rの2チャンネルなのですが、22.2チャンネルのサラウンドシステムについて勉強できたことが印象的でした。実習では、基本の5.1チャンネルのシステムをホームルーム教室に1から組み立てました。6台のスピーカーをただ配置していくのではなく、立体音響を成立させるには、実は緻密な計算が必要です。スピーカーからリスニング(視聴)ポイントまでの距離や角度など、組み方にもさまざまな手法があり、とても興味深かったです。
5
レコーディングエンジニアがいちばんの夢。 授業を通じて、興味は広がっています。
レコーディングエンジニアを目指しています。小さい頃から、ピアノ・クラシック・J-POPなど音楽全般が好きで、特にゲーム音楽が大好きでした。ある時、ゲーム音楽のオーケストラライブCDを聴いて感動し、将来はCDを制作する仕事をしたいと強く思うようになりました。
また、授業でマスタリングスタジオを見学した時に、エンジニアの方が自分の理想を追求したスタジオを作っていることを知り、マスタリングエンジニアも面白そうだなと興味が広がっています。

※学年は取材時(2015年)のものです。
録音・PA技術科(1年次)時間割例
1 サウンドソフト研究 楽器収音技法 サラウンド入門 AR検定講座 機器オペレーション
2 ワークガイダンス 楽器収音技法 ディジタルオーディオ技術 スタジオ周辺機器 機器オペレーション
3 聴能形成 基礎音響I SR(PA)課題制作I ノンリニア編集(ProTools)実技 ゼミナール(録音・PAシステム)
4 舞台音響検定学科演習 SR(PA)課題制作I ノンリニア編集(ProTools)実技 ゼミナール(録音・PAシステム)
実績のある先生方との、距離の近さ!
プロとして実績のある先生方から教えてもらえるだけでなく、そんな先生方との距離の近さが最大の魅力だと思っています。冗談を交えながら会話ができたり、自分でも忘れていたことを覚えていて声をかけてくれたり。学生一人ひとりを本当に良く見てくれているなと実感しています。
クラスのつながりは、少人数制ならでは!
少人数制なので、クラスメイトとの関わりも自然と深くなっていきます。いろいろなタイプの学生が集まっているので、コミュニケーション能力や会話のスキルも高まりますし、何より毎日が楽しいです!
放送業界・スタジオが近い港区の学校!
学校があるのは、テレビ局が集まる港区。都心にあり、アクセスも便利です。放課後にはみんなで、池袋や新宿などいろいろな場所に遊びに行っています。
音響教育の長い歴史と、卒業生の実績!
日本でいちばん歴史の長い音響系専門学校なので、業界の幅広い分野で活躍している卒業生が多いのが心強いです。卒業生に対する業界の評判も良いと聞きますし、そういった先輩方がガイダンスや授業で現場のノウハウを教えてくれるので嬉しいです。
出演者系学科とのコラボ実習、協学システム!
プロのアーティストさんが来てくれる実習だと、今の自分たちの実力ではリードしてもらうことの方がどうしても多くなってしまいます。もちろん、それも勉強になるのですが。一方で、学生同士がコラボして学ぶ「協学システム」では、自分たちで企画を考えたり、より積極的に意見を出しあったりして創意工夫できるので、毎回充実しています。

音響芸術専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地

●音響芸術専門学校

〒105-0003 東京都港区西新橋3-24-10

TEL.03-3434-3866  FAX.03-3433-4448  入学相談室

ホームページ http://www.onkyo.ac.jp
E-mail info@onkyo.ac.jp
ページの先頭へ

音響芸術専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで音響芸術専門学校の情報をチェック!