ゲートボール審判員の資格の取れる大学、短期大学、専門学校を探そう

日本一の学校情報JS日本の学校

家族に教えたい、教育情報がここにあります。

最近チェックした学校

日本の学校 > 資格カタログ > ゲートボール審判員 

ゲートボール審判員

手軽で体力的負担も少ない

 ゲートボール普及は、創始者の本来の目的であった子どもたちへの浸透とは反対に、手軽で体力的な負担も少ないという特性から、高齢者に適したスポーツとして脚光を浴びるようになり、また、試合中の駆け引きやテクニックなどの奥の深さから、大変親しまれています。

 ゲートボール公認審判員の資格は、(財)日本ゲートボール連合(以下、日本連合)が指定する講習会受講後、資格試験に合格し、登録手続を行うことで取得できます。なお、資格取得後2年ごとに更新手続が必要になります。審判員には3〜1級まであり、3級は加盟団体主催・後援大会や日本連合主催大会の記録員、2級は加盟団体主催都道府県単位 ・対抗大会や日本連合主催大会の副審・記録員、1級は全国大会などで活躍します。受験資格は、3級は16歳以上の方・2級は3級資格取得後1年以上の審判実務経験(競技大会に5回以上参加)のある方・1級は2級資格取得後2年以上の審判実務経験(競技大会に10回以上参加)のある方です。試験内容は、筆記試験と実技試験があります(3級は筆記試験のみ)。試験問題は、講習会の内容について出題されるので、しっかりと講習会を受講することが大切です。

活躍の場:ゲートボールの各大会

受験情報を見る
問い合わせを見る
受験情報
受験資格 3級は16歳以上の方。2級は3級資格取得後1年以上の審判実務経験(競技大会に5回以上参加)のある方。1級は2級資格取得後2年以上の審判実務経験(競技大会に10回以上参加)のある方。
受験科目 1級/2級/3級(試験問題は、講習会の内容について出題されます)
受験料 1・2級:4,000円/3級:3,000円
申込方法 講習・試験は各都道府県の加盟団体別に実施されます。問い合わせは、各都道府県の加盟団体(各連絡先は、主催ホームページの「各都道府県加盟団体のご案内」を参照ください)
試験方法・取得方法 筆記試験と実技試験があります(3級は筆記試験のみ)。
問い合わせ
ゲートボール公認審判員
民間資格
財団法人 日本ゲートボール連合
http://www.gateball.or.jp/
※上記の資格情報は2010年1月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

マスコミ・芸能・声優系の資格の内容を確認する

資格カタログ 「ゲートボール審判員」の紹介

資格カタログでは「ゲートボール審判員」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、ゲートボール審判員に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「ゲートボール審判員」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ
全員プレゼント