萩 春朋さん (エコール 辻 東京 辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ 卒業) フランス料理店「HAGI」(福島・いわき) オーナーシェフ。福島の食材・食文化普及への取組みが評価され、農林水産省「料理マスターズ 2014」受賞。地域や生産者と共に福島の食の魅力を発信している。

生産者と一緒に、福島の食材を世界一に。
料理人は、社会を変えられる。

私の店は福島県いわき市にあります。東日本大震災では一瞬にしてすべてが「蒸発」しました。食材は 出荷停止になり、料理をつくることもできなくなった。ボランティアに参加し生産者の方々と話をするうちに、命について考えるようになり、食材が持つエネルギーに気がついたのです。

生産者さんは広い畑の中で、どの野菜が一番おいしいかを知っています。「このネギは今朝いわきで採れたものです」と紹介するとお客さまも喜んでくださる。生産者しか持っていない採れた食材のエネルギーを分けてもらえば、他にはないレストランになるのではないか。そう考えるようになり、その日の一番いい食材で 1 組のお客さまをおもてなしする今のスタイルにたどりつきました。

辻調時代に私が学んだのは「生きる術」のすべてです。フランス校ではさまざまなシェフの料理や食材にふれ、料理にはいろいろなやり方があることを知り、今も脳に刻まれています。また、辻調出身でなければ今のようなネットワークは築けなかったと思います。福島でいい食材があれば東京の仲間に送りますし、彼らから技術を学ぶことも少なくありません。仲間や先生方が世界で活躍している、それだけで自信につながります。

2013年、フランスとモナコの宮殿の厨房で研修する機会をいただき、フランスでは大統領や料理人の方々に福島の食材を使った料理を味わっていただきました。福島の食材は世界的に見てもクオリティが高く、いわき市では、料理人や生産者、行政が一体となり、福島の「食」を盛り上げる活動を行っています。
料理人は世界を変えられると信じ、これからもできることを探っていきたいですね。