高校の先生

高校(こうこう)の先生(せんせい)は自分(じぶん)の得意(とくい)な学科(がっか)を教(おし)えるだけじゃないよ。クラブ活動(かつどう)や体育祭(たいいくさい)などの行事(ぎょうじ)も指導(しどう)するし、生徒(せいと)の悩(なや)みを聞(き)いてあげたり、勇気(ゆうき)づけたり、しかったり。進学(しんがく)や就職(しゅうしょく)のことも、生徒(せいと)のことを一番(いちばん)に考(かんが)えてアドバイスしてくれる。将来(しょうらい)、生徒(せいと)たちが社会(しゃかい)で活躍(かつやく)できるように真剣(しんけん)に考(かんが)えてくれる人(ひと)なんだね。だから卒業(そつぎょう)した後(あと)も、何(なに)かあったら先生(せんせい)に報告(ほうこく)したり、相談(そうだん)に来(く)る人(ひと)も多(おお)いんだよ。人生(じんせい)にとって、とても大切(たいせつ)な時期(じき)である高校生(こうこうせい)。その高校生(こうこうせい)を教育(きょういく)する、大事(だいじ)な職業(しょくぎょう)なんだ。

高校(こうこう)の先生(せんせい)になるには

教員養成課程(きょういんようせいかてい)のある大学(だいがく)・大学院(だいがくいん)で教員免許(きょういんめんきょ)を取得(しゅとく)→高校(こうこう)に就職(しゅうしょく)

私立中学校のパンフレット取り寄せ