彫刻家になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

彫刻家になるには

高い技術で想像を形にするアーティスト

彫刻家は、木や石、金属などさまざまな素材や、多岐にわたる技法を使って、斬新な個性を形として表現していきます。 美術の専門的な知識や彫刻技能を、美術系の専門学校や短大・大学などで習得しておくと良いでしょう。自分の作品を売ることで生活が成り立っている彫刻家はごくわずか。彫刻家の多くが、大学などの学校や彫刻教室で、基本的な技術などを教えています。教員免許や資格を取得し美術教師や学芸員になれば、さまざまな作品に触れながら創作活動を行えるメリットも得られます。そのようにして生活の基盤を確保しながら、公募展への出品や、個展を開催するなど作品を発表する場に積極的にトライしていくことが重要です。厳しい世界ですが高い評価を得れば、画廊などからの制作依頼にも結びつきます。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

関連する記事を見てみよう

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(芸術関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)